梅雨の季節のお手入れ〜カシーポNミスト編〜

皆様お世話になっております。CASEEPOシリーズの戎谷(エビスタニ)です。
今回は、私がブログを書かせていただきます。

梅雨の季節に入り湿気によって「髪の毛がまとまらない」「髪のくせが強くなる・うねる」
などの悩みを抱えていらっしゃる方も多いのではないでしょうか?

今回は、その髪の悩みの原因と対処方法を書かせていただきます。
毛髪の内部はダメージなどの影響で根元から毛先まで不均一になっています。
湿気により毛髪内部の水分量が増えると毛髪の内部が不均一であるため、部位により膨潤度合いが異なり、規則性のないうねりが発生します。そうすると髪の面が整わず、広がってまとまりません。
特にダメージヘアの方は、毛先中心に内部のたんぱく質が流出してスカスカの状態であるため、より強くうねって広がります。

このような状態を防ぐためには、よく髪を乾かすことが重要です。しっかりとドライヤーを使って乾かし水分をとばすことで髪がまとまりやすくなります。
それに加え、ダメージを修復するシャンプーやコンディショナーを使用するとまとまりやすくなります。

梅雨の朝、起きた時に髪がもじゃもじゃになっているのは、寝ることによって乾燥した部分と汗や湿気を吸収した部分との差により、髪の水分量が不均一であることが原因の一つです。
寝ぐせを直す際に水を使うと余計にうねるのでカシーポNミストで髪内部に潤いを与えてドライヤーでしっかりと乾かすことをお勧めいたします。
水でスタイリングをすると髪の毛のキューティクルが開き、傷みやすくなるといわれています。
カシーポNミストに含まれる髪を保護する成分と保湿成分が乾燥によるダメージを防いでくれ、髪の絡まりをほどき、指通りがなめらかな髪へと仕上げます。
髪の表面はキューティクルに覆われており基本的には疎水性なのですが、ダメージによりキューティクルが浮いたり、剝がれたりすると、水分が出入りしやすくなります。
カシーポNミストは髪の表面を補修し、髪をコーティングすることで水分の出入りをおさえてくれます。

一年の内で最もジメジメする梅雨は、恵の雨をもたらせてくれる大切な季節ですが苦手な方も多いと思います。

私自身も散歩ができないことが多くなってしまうこの季節は、正直言ってあまり得意ではありません。
しかし、恵の雨によって成長した花々が沈んだ私の心を癒してくれるという素敵なプレゼントも用意してくれます。


カシーポNミストは香りへのこだわりが一番強かったアイテムです。
オーキッドの香りの空間が広がり、心身ともにリラックスした気持ちになります。
ヘア・ボディに使用できますのでお顔へのワンプッシュもオススメです。

梅雨の季節にカシーポNミストを試してみてはいかがですか。