CASEEPOシリーズユーザーのE様より。第二部

2021年4月2日のブログに投稿をしてくれたE様より第二部が届きました。
今回はカシーポNミストとなります。

本文にも書かれておりますが、E様は入院されていたそうです。
お客様の生の声を数多く集めてきた私も、入院生活中の使用方法を伺うのは初めてでした。

それでは、早速E様のブログをご紹介させていただきます。
……………………………………………………………………………………………………………………………………………………
皆さま、こんにちは。再びブログを書かせていただく事になりました、CASEEPOシリーズユーザーのEでございます。
前回の予告通り、カシーポNミストを使用したレポートを普通に書くつもりでしたが…
実はわたくし先日まで入院しておりまして、今回は『病院暮らしに大活躍!』をテーマにカシーポNミストを使用した感想を書きたいと思います。

■シャンプーいらず!
入院なさった経験のある方ならお分かりかと思いますが、入浴は数日に1回なんです。私の病院では2~3日に1回で、他に同室の方もいらっしゃる中「匂いは大丈夫かな…?」なんて気を遣ってしまいました。
しかも病院食って意外に揚げ物等の油っこいメニューも出るので、私は特に体臭が出やすい頭皮からの匂いが気になってしまい…。
そんな時、とても役立ってくれたのがカシーポNミストだったんです。簡単にご説明しますと、

①髪の根元全体に通常より多めにミストを吹き付けます。
②頭皮を傷付けないよう爪は立てず、ミストを馴染ませるように指でマッサージします。
③最後に軽くタオルで地肌を拭いたら完了!

良い香りでしかもすごくさっぱりしますよ( ´∀`)
元々ウチワサボテンオイルはヘッドスパにも適しているそうなので、別の効果も期待できるかも!?

■乾燥知らず!
こちらも入院あるあるだと思いますが、病室内は天候に関係なく常に乾燥していました。
普段の寝る前のスキンケアだけでは追い付かず、1日目の朝は見事な粉吹き顔に…。
なので、私は眠り慣れない環境を逆手に、目が覚める度に枕元に置いたミストを数回、顔から髪全体に数プッシュするようにしました。
乾燥対策はもちろん、ピローミスト(枕に吹き付けて安眠を促すフレグランス)の役割も果たしてくれます。
ちなみに病棟内は香りの強い物持ち込み禁止だったのですが、カシーポNミストはOKでした!それくらい軽くて気にならない自然な香りなんです。
……………………………………………………………………………………………………………………………………………………
E様。
この度は大変貴重なお話をブログでご紹介いただき、誠にありがとうございました。
これからもCASEEPOシリーズをよろしくお願いいたします。
これからは暑い季節となっていきますので、どうかくれぐれもご無理なさらずご自愛ください。

私共CASEEPOシリーズでは、使用方法等をブログでご紹介いただける方を引続き募集しております。
ご連絡いただければ幸いでございます。