CASEEPOシリーズ応援団長T様。

CASEEPOブログをご覧の皆様。
題名を見て、ブログで見たことあるな!と思われた方もいらっしゃるかと思われます。

なんと、これまで裏方に徹してくれていたCASEEPOシリーズの応援団長であるT様がブログを寄稿してくれました。

T様とはどんな方なのか。百聞は一見に如かず。
私がご紹介するよりもT様のブログをお読みいただいた方が皆様にご理解いただけると考えました。

それでは早速、T様のブログをご覧ください。
…………………………………………………………………………………………………………………

みなさん、はじめまして。
カシーポさんのヘアケア商品が大好きで『サボテンの力』に衝撃と感動をうけ、カシーポ応援団長と言っているほど、サボテン大ファンの主婦です。


私とカシーポ商品との出会いは、カシーポの社長さんとの出会いから始まりました。

社長さんの印象は、正直とても化粧品を扱う方には思えない…大きな体で、口数の少ない、どちらかと言うと、人見知りのようなそんな印象でした。

最初は、大丈夫かな?この化粧品どうなの?と思ったのが本当のことです。

しかし、商品について話し始める社長さんの、大きな体から真っ直ぐに見つめる目の奥の輝に、私は心が熱くなったのを今でも忘れません。

商品への思い、商品の成分、 商品への情熱、商品が出来上がるまでの道のり。
一つ一つを懸命に、楽しそうに話される姿には、本気の『挑戦者の覚悟』と熱意がありました。

こんなに、自分の会社の商品を大好きなんです。と、真っ直ぐに言える一途な心に、私は胸が熱くなり込み上げてくるものがありました。「会社の名前はまだまだ知られてはいませんが、中身は本当に素晴らしいんです。」と言った言葉を今でも私の心に深く刺さっております。

そして、カシーポさんの魂でもある、SPオイルをその夜使ってみて、これだ!!社長さんの目の奥に真っ直ぐに輝いていたものそのものが、このサボテンの力なんだと思ったのです。

サボテンにこんなに素晴らしい「美の力」があるなんて正直知りませんでした。

アロエにはいろんな効能があることはご存知の方は沢山いると思いますが、サボテンに[ウチワサボテン]にこれほどに安心安全の「美の力とパワー」があるなんて全く知りませんでした。

今の世の中、数えきれないほどの化粧品の名前と数があります。どれを選んだら良いのかわからないほどの沢山のものが並んでいます。

しかし、本当に自分の肌や髪の毛に合っているものと出合っているのでしょうか…?プロでない私達には、成分や効能など本当に自分にあっているものに出会えてはいないと私は思います。

私も事実その一人でありましたから。

でも私は、社長さん、カシーポの商品と出会ってはっきりとわかりました。サボテンの「美の力」を。年齢から衰えてくる肌の悩みや、ツヤがなくなり悩んでくる髪の毛などが、驚くほどカシーポのサボテンの力は応えてくれます。だから、少しでも沢山の方に知ってもらいたい、出会ってもらいたいと思います。

時間のない、毎日を家族のためにつくす主婦の方や、年齢を重ねている方などにとくに知ってもらいたい、届けたいと、カシーポ応援団長になろうと思いました。

そして、今では、 若き美容家の人達もサボテンの力を伝えていきたいと。「未来の美」につなげていこうと!話しています。

暑い国モロッコに、黙って咲いているウチワサボテンの実から、ほんの少ししか取れない幻のオイルは、安心で優しく、必ず答えてくれる美の力です。

社長さんと、私の合言葉ですが、
「いつかサボテンの華を咲かせましょう」そんな思いでいます。

若き美容家の人達が話してくれました。
カシーポさんのウチワサボテンの力は、弱って諦めてしまったお肌に潤いを。
年齢を重ねて細くなってしまった髪の毛に蘇る輝きを。

そして、もちろんお悩みのない方には、より潤いや輝きを与えてくれます。

そして、使い方も一つではなく、その悩みにあった使い方ができるのも、今まで出会う事のなかった感激のサボテンの魅力だと。

一度使ったら必ず応えてくれる、カシーポの「サボテンの力」
ぜひ、たくさんの方と、
皆さんと、カシーポのサボテンの華を咲かせたいと思っています。

みんなで一緒にサボテンの華咲かせましょう。



…………………………………………………………………………………………………………………

皆様いかがでしたでしょうか。
CASEEPOシリーズの応援団長T様は私共と同じ熱量で「ウチワサボテン種子オイル」を皆様にお届けしてくれているのです。

T様。
私共のものづくりのモットーである「お客様の生の声」をこんなにも鮮明にお届けいただき本当にありがとうございました。

これからも感謝と恩返しの気持ちを忘れずスタッフ一同精進して行きます。

皆様からの生の声もお待ちしております。

それでは今回のブログを終了させていただきます。