保湿は冬だけじゃない!夏にも保湿が必要な理由

夏は紫外線が強くなったり、冷房に当たる機会が多くなるため、肌のダメージが増えやすい時期です。
日焼け対策を行う方は多いと思いますが、保湿対策はどうしても冬に行うイメージが強いため、夏になると怠る方が多くなりますが、夏にもしっかり保湿対策をすることが重要です。今回は、夏に行う保湿対策をご紹介します。

体内から汗が出ると体はカラカラ状態に・・・

多少の汗が出てもすぐに乾燥するようなことはありませんが、酷暑が続き汗が大量に出ると肌を守る成分も体外に排出されやすくなります。またタオル等で汗を拭くと肌の表面の水分も一緒に拭き取ってしまうため、かさかさになりやすくなります。

冷房や冷たい飲食物は乾燥を招く

冷房の効いている部屋にいると、体が冷えていき、血行が悪くなります。結果としてそれが乾燥を招きます。また、冷たいものを摂取する機会も増えるため、それがさらに乾燥を加速させてしまいます。とはいえ、体を冷やさないと熱中症になりかねないので、体を冷やしつつしっかりと保湿をすることが大切です。

夏の保湿にももちろんcaseepoは有効です

ウチワサボテン種子オイルは保湿力が高く、肌を紫外線からも守ってくれるため、夏にも大活躍する商品です。化粧水を塗る前に、ぜひサボテンオイルcaseepoをご使用頂き、少しでも肌を乾燥から守りましょう!