インナードライって何!?梅雨の時期でも保湿は怠らないで!

もうすぐ梅雨の時期突入ですね。梅雨の時期は湿度がとても高くなるので、そんなに保湿に力を入れなくてもいいのかな?と油断している方は、要注意です。
ベタつくのって気持ち悪いし、さっぱり化粧水だけのケアにしたいところですが、それではインナードライの原因となってしまうと言われています。

インナードライとは

インナードライとは、簡単に言うと、お肌の外側は皮脂でベタついていて、内側は乾燥しているという状態です。梅雨の時期、湿気のせいできっとお肌も潤っているはず!なんて思ってしまいがちですが、実際には内側は乾燥してしまっている・・・というわけなのです。よく、湿気がすごい日はエアコンのドライモードをつかって、サッパリさせるという方も多いと思いますが、実はその行為が、インナードライを招いてしまう恐れがあるのです。

インナードライによって生じるお肌トラブルとは

インナードライになると、まず挙げられるのが、ニキビです。インナードライは、お肌の表面の皮脂量が多くなるので、皮脂によって毛穴が詰まり、その結果ニキビができやすくなってしまうのです。
また、表面的には油分が多いので、自分がオイリー肌なのかな?と勘違いして過剰に洗顔をしたり、保湿を怠ったりで、結局お肌の内側の乾燥は進み、悪循環となってしまうのです。
また、インナードライはお肌の内側の水分量が少ないため、お肌のターンオーバーが正常に行われなくなってしまいます。お肌のターンオーバーが正常に行われているときは、シミやシワが薄くなっていくのですが、滞ってしまうと、シミは薄くならず、シワは深くなってしまいます。お肌のキメも整わず、化粧ノリも悪くなってしまいます。

インナードライの改善方法は?

●メイクを落ちやすいものにする
メイク落とす際の摩擦がお肌には刺激となり、大きな負担になってしまうので、できるだけすぐにオフできるメイク用品を使ってみましょう。また、クレンジングや洗顔も、洗浄力が強すぎる界面活性剤入りのものはできるだけ避けるようにしましょう。お肌に必要なセラミド成分まで取り除いてしまうので、その結果お肌の乾燥につながってしまいます。

●過剰に皮脂を取り除かない
お肌表面の皮脂が気になるからと言って、こまめにあぶらとり紙を使ったり洗顔をするのは控えましょう。取りすぎはよくないです。

●乾燥対策をしっかりする(特に保湿)
一番は、乾燥対策を念入りに行うということです。とにかく保湿効果の高い化粧品で日ごろからケアをしっかとしていきましょう。ウチワサボテン種子オイルcaseepoは、乾燥対策、インナードライ肌予防にとてもおすすめです。たった1滴でも非常に伸びがよく。保湿効果があるけれどベタつき過ぎない、心地よいテクスチャーとなっています。是非、ご自身のお肌でその保湿効果を実感していただければと思います。